BMWの“駆けぬける歓び”を支える、感覚性能の新しい世界。【カスタマイズ篇】

  • 2018-10-5
  • BMWの“駆けぬける歓び”を支える、感覚性能の新しい世界。【カスタマイズ篇】 はコメントを受け付けていません。

クルマの性能を特化させる方法は色々とあるもの。例えば、BMWのMシリーズを開発しているのは、BMWのレース部門やモータースポーツ関連の研究開発をしているBMW M(モータースポーツ)社です。“駆けぬける歓び”のスローガンを体現するべく、走りの性能を高めた、いわばBMWマシンとも言えるクルマを研究開発しています。

その一方で、BMWの内外装にまつわる質感をさらに高める、究極のカスタマイズ・プログラムがあるのをご存じでしょうか? ディテールを磨き上げた様々な特別装備から、さらに手作業を生かした個性的なスペシャルアイテムまで…。長きに渡って磨かれた職人技を駆使して、お客様が自分好みの1台に仕立てていく愉しみと時間。それが「BMW Individual(インディビジュアル)」のカスタマイズ・プログラムです。ということで今回は、BMWの“駆けぬける歓び”を支える、感覚性能の新しい世界。【香り篇】【サウンド篇】に続いての【カスタマイズ篇】をお届けします。

◆関連コラム
BMWの“駆けぬける歓び”を支える、感覚性能の新しい世界。【香り篇】

BMWの“駆けぬける歓び”を支える、感覚性能の新しい世界。【香り篇】

BMWの“駆けぬける歓び”を支える、感覚性能の新しい世界。【サウンド篇】

BMWの“駆けぬける歓び”を支える、感覚性能の新しい世界。【サウンド篇】

BMWをカスタマイズする入門的な方法とは

正規ディーラーからの購入時に、BMWを自分好みにアレンジしたり、カスタマイズする方法は様々です。例えば、「BMW純正アクセサリーカタログ」のサイトを開けば、カテゴリー毎にエクステリアやインテリアなど、愛車のBMWを個性的に演出する純正パーツやアクセサリーが多彩に用意されています。ショールームに常駐している「BMWジーニアス」や「アクセサリー・アドバイザー」に伝えれば、数ある純正アクセサリーの中から最適なアイテムをチョイスしてもらえ、まさに充実したオーナーライフを愉しむことが可能です。しかしここまでは、どこのクルマメーカーにもある純正アクセサリーの世界。さすがBMWと言わしめるのが、「BMW Individual」のカスタマイズ・プログラムと言えましょう。


出典:BMW

まさに仕立てる、着せ替えるBMW Individualの世界

BMW Individualとは、最上級の素材を駆使して、愛車にオーナーの個性や好みを最大限に反映させることができる、特別仕立てのカスタマイズ・プログラムです。プログラムは大きく分けて2つあり、その1つが「BMW Individual Collection」と呼ばれています。その一例として…。

❶ 標準設定色よりも手のかかる工程と素材を使う専用ボディカラー
高貴な輝きを放つダイヤモンドやサファイアの貴石にインスピレーションを得た、BMW Individual Collectionのボディカラー。彫刻にも似たBMWの美しいフォルムに、匠達の手によって念入りに仕上げられた色彩が施されるとき、クルマは世界でただひとつの芸術作品と昇華し、お客様だけの愛車へと生まれ変わります。

出典 BMW Japan

顔料として使われるのは「Xirallic (シラリック)」と呼ばれる、自動車塗装向け最高級の光輝塗料です。Xirallicは、豊かで上質なカラー表現に欠かせない顔料。アルミナ(酸化アルミニウム)を人工的に結晶化した微粉末で、人工パールとも呼ばれます。従来のパール塗装は、天然雲母を光輝顔料に使いますが、Xirallicはそれよりも表面が平滑かつ輝度感が強く、色味の濁りもほとんどありません。この塗装を施せば、傷防止効果が高く、見る角度や光の当たる強さに応じて、ボディカラーの印象が変わり、今までのメタリックカラー光沢の概念が変わります。

ちなみにこの顔料を造るメルク社は、ドイツに本拠地を置く医薬品・化学品メーカー。世界4ヵ所にある顔料生産拠点の中で、Xirallicを唯一、生産開発しているのが日本の福島県いわき市の小名浜工場です。画期的な塗料技術であると評価され、BMWをはじめ、フォード、GM、トヨタなどに採用されています。

❷ ひとつとして同じ柄や風合いがない最高品質のレザーインテリア
BMW Individual Collectionで使用されるレザーは、革の表面に傷をつけやすい蚊や虫の少ない、南ドイツで生産される牛皮革を原材料として使用しています。ひとつとして同じもののない牛皮革。そのゆたかな風合いや模様は、レザー加工に深い情熱を抱く専門の職人達により、手間をかけた念入りな染色となめし工程を経て生まれます。よくある機械工程によるコーティングやスタンプは一切使用せず、レザー自身が持つ自然の風合いや、模様がそのまま生かされています。円熟の匠達によるレザー加工に包まれた、ラグジュアリーな空間のBMWインテリア。オーナーが抱く愛着心を恍惚の境地へと導き、さらなる高みへと引き上げます。

出典 BMW Japan

 

❸ 天然原木の風合いを徹底的に生かし装う、インテリアトリム
一般的に見られるクルマメーカーの木目内装部品は、自然木を使わない、いわゆる「木目調」の樹脂パネルです。プラスチックにプリント印刷した、人工素材のものが多く用いられます。BMW Individual Collectionでは、「銘木」と呼ばれる、大変貴重な天然原木のみで造られるファインウッドのインテリアトリムを使用。熟練した職人達の手によって、ひとつ一つ丁重に仕上げられています。天然木ならではの高揚感があり、精妙で最高品質のインテリア空間を演出します。

さらに、BMW Individual Collectionの特長として、厳選された天然原木から選び抜かれた素材のみを使用するのに加えて、無漂白かつ無着色での使用。特殊な染料によって加工するひと手間を掛けることで、天然木の本来持つ深みを醸し出しています。この特殊な染料を用いた入念な工程と、匠達のキメ細かい手技により、木の温かみを感じられるラグジュアリーな室内の装いを表現します。

出典 BMW Japan

そぅ、BMW Individual Collectionがお届けするのは、まさに「選ぶ歓び」。そして、標準設定から「着せ替える歓び」とでも言えましょう。以上のカスタマイズ・プログラムが、日本向けの主なメニューになっていて、BMW車のモデルによっては、さらにキメ細かいオーダーさえも可能としています。本国ドイツでは、ほとんど「ワンオフ」に近いオーダーにも応えられる体制が整えられているというから、まさに驚きです。
※「ワンオフ」とは、一般的に市販されていないパーツを、オーダーメイドで制作したカスタムパーツのこと。基本的には世界にたった一つしかないパーツのことを指します。

さらなる究極を創る、BMW Individual Manufaktur

BMW純正パーツ・アクセサリーの上をいくカスタマイズが、BMW Individual Collection。そしてその上をいく究極のカスタマイズが、「BMW Individual Manufaktur」と言えましょう。BMW Individual Collectionでさえ、実は限界があるもの…。BMW Individual Manufakturは、お客様の望むそのすべてを実現し、まさに特注のBMW造りを可能にします。内外装や材質の選択にかかわらず、この究極のカスタマイズ・プログラムでは、お客様ご自身が、愛車のデザイナーとエンジニアになり得るのです。

Manufaktur(マニュファクチュア)とは、ドイツ語。直訳すると、マニュファクチャー(工場制手工業)という意味になります。もう少しニュアンスを変えた単語だと、フランス語の「Artisan」とでも言いましょうか。アルチザンとは、職人・職工の意味。シンガーソングライターの山下達郎氏がリリースしたCDアルバムタイトルにもあったので、こちらの方がしっくりとくる方も多いかもしれませんね。「機械制大工業」ではない、職人の手技をさらに駆使したカスタマイズ・プログラムです。


出典 BMW

BMWによると、BMW Individual Manufakturの役目は、お客様が目指す究極の夢を必ずや実現させることだとか…。ご自身が発想したインスピレーションやアイデアの翼をさらにBMWが広げ、素材やデザインを知り尽くした匠達の手技によって、いかるオーダーもすべて叶えられると豪語しています。そぅ、服飾で例えるなら、まさに「テイラーメイド」で仕立て上げられた特別な逸品のBMWと形容できましょう。熟練の職人が丁寧に一針一針、手作業で生地を縫うように、クルマという工業製品の概念を遙かに超えて、限られたお客様だけの芸術作品を産み出す。大量生産されたレディメイド(既製品)とは対極に存在する、まさに本物の傑作品の誕生と言えます。

その究極を創る、Manufakturの至高の2台がコレ!!

匠達の研ぎ澄まされた珠玉の手技によって産み出された、BMW Individual Manufakturカスタマイズ・プログラムの事例を、お見せしましょう。BMW Individual Manufakturのスペシャリスト達は、安全上の配慮、ブランドの特性や法的な要件に違反しない限り、正確無比な職人技を実践し、お客様のオーダーに完璧にお応えします。BMW Individualとは…。それは、あなたによって定義されるラグジュアリーの極みそのもの。

出典 BMW Japan

BMW 7シリーズ BMW Individual Manufaktur
BMW Individualのロゴマークが刻まれたシャンパングラスが収まる、リヤ・センター・コンソールのバー・コンパートメントの作品例。

 

出典 BMW Japan

BMW M6 カブリオレ BMW Individual Manufaktur
インスツルメント・パネル上部、ドア・パネル、ステアリング・ホイール、ステアリング・コラム・カバー、およびアマロ・ブラウンのAピラー、フロント・ウインドー・パネル、サン・ブラインドなど…。フル・レザー・メリノで覆われた豪華インテリアの意匠。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る